脱サラSの急騰銘柄監視日記

脱サラ投資家がネット上の情報を駆使し急騰銘柄、上昇銘柄をズバっと先取り!常勝投資家を目指し日々の投資を綴ります。

アメリカで何かが起きている??

   

皆様連休中いかがお過ごしでしょうか?

私は友人から連絡あって飲み行ったりと直前まで予定が無かったのですが…多少予定が埋まってきました!ありがたやー。

さて、休んでいる間も相場は動いているわけですが…

日経はアゲアゲです!!!

nappa1

やはり、みんなが警戒している時には暴落なんか来ないんでしょうかね?まぁまだ分かりませんけどね!

さて、タイトルの件ですが…実は最近ちょっと気になっている事があります。

それはアメリカの経済指標が予想を下回るのが結構目につくようになった事です。昨日の夜丁度FOMCの声明で1~3月期の景気減速は一時的なものという事でしたので、盛り返してはいますが少し気になります。。

しかし、相場全体はマイナスの材料に反応しないでプラスの材料に素直に反応して動く事からも強い相場と言えます。なので、目先どうこうで何か起きるとは思ってはいませんが…

個人的に気にしている指標は自動車販売台数と住宅に関わる経済指標は気にしておいた方がいいと思います。

夏場までは強い相場が続くと想定していて、その想定を変えるような自体は起きてはいませんが大きく相場が崩れる前には必ずどこかにおかしな兆候がでるので理想を言えばそこに気づけるようになりたいですね。

年内3回の利上げはほぼ確実ですので、これとFRBの資産縮小。これが相場崩壊の大きな引き金になると思っているんですが。どうでしょうかね?

目先は強く動くと思いますが、今年は下げらしい下げが来ていないのでそれらしい下げが来た時は瞬時に逃げれるように常に意識しておいたほうがいいでしょう!

何故なら、かなり強烈な下げになると思っているからです!

ITバブル崩壊、リーマンショック、東日本大震災、数々の暴落を見てきましたが、新興市場を主戦場としている我々個人投資家はこういった暴落相場がくると一瞬で退場に追い込まれます。

以前も記事で書きましたが、新興市場は上記の様な暴落がくると流動性が一気になくなります。つまり、売りたくても売れない状況が数日続くのです。

最近だとアキュセラとかがイメージしやすいかと思います。まぁあそこまでひどくはありませんが…私の中では三日ぐらいは売れないイメージですかね。

今年は相場状況が多いので、個人投資家の多くはかなり儲かっていると思います。しかし、全員が浮かれている時が一番危険なのです。

【相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく】

相場格言として良く使われる有名な言葉ですよね!私も好きな言葉です。

まだ先だとは思っていますが、来ると思っているのと、来ないと思っているのでは行動がまったく変わってくると思います。

まぁ個人の戯言ですので、適当に聞き流してくれて結構なんですが。。ちょっと連休中時間あったので、再度自分の確認の為にも書いてみました。

それでは良い連休をお過ごし下さい!!

 - 雑感